EnumChar|フォントの収録文字数を調べることができるフリーソフト

EnumChar|フォントの収録文字数を調べることができるフリーソフト

カテゴリーフリーソフト
サイト名 :EnumChar|フォントに含まれる文字を列挙する-Vector
対応OS :Windows
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

フォントの収録文字数ってどう調べればいいんだ…?
このサイトではこれまで数多くのフリーフォントを紹介してきました。

なるべく多くの情報を記載したいという思いから、フリーフォントを紹介するページには「デザイン使用例」や「使用許諾」、「制作者情報」などの情報を記載していましたが、その中で記載に困っていた情報が「収録文字数」。

「収録文字数」の情報に至ってはフリーフォントのダウンロードページに記載している場合もあれば、全く情報がないこともあるため、紹介するフリーフォントによって情報が偏ることがありました。

また、フォント自体の情報を見ても実際に使える文字数がどのくらいあるのかが分からず、どうやって調べればいいのかが困っていました。

そこで見つけたのが趣味のプログラミングというサイト内で紹介されていたフリーソフト『EnumChar』。サイト名からも分かる通り、個人開発で制作されたフリーソフトです。

このフリーソフトはPCに搭載されているフォントの収録文字数をそれぞれ知ることができるという、まさに私が求めていた機能を持つフリーソフトになります。

『EnumChar』のダウンロード方法

このフリーソフトのダウンロード方法ですが、以下のサイト経由でダウンロードすることができます。

ただし、対応OSはWindows10/8/7となっているので、そこは注意しましょう。

配布サイトの画像

▲【ダウンロードページへ】をクリックし…

配布サイトの画像

▲【このソフトを今すぐダウンロード】をクリックすると、ダウンロードが開始する

『EnumChar』の使い方

簡単操作!
ダウンロードしたフォルダの中にあるファイルを起動すると、アプリが起動し、このような画面が開きます。
EnumCharの画面

▲『EnumChar』の操作画面

まず、左上にタブをクリックし、PCに搭載されているフォントの中から収録文字数が知りたいフォントを選択します。

EnumCharの画面

▲ 左上にタブをクリックし、該当のフォントを選択

そして、下のメニューにズラッと並んでいるUnicodeを選択し、【表示】のボタンをクリック。文字数を全て知りたい場合は「Ctrl+A」などで全選択しましょう。

EnumCharの画面

▲ 表示したいUnicodeを選択し、【表示】をクリック

すると、該当のフォントの「収録文字数」と「Unicode領域ごとの文字一覧」が表示されます。

EnumCharの画面

【赤い囲み】括弧内に表示される数字=実際に使える文字数|【青い囲み】Unicode領域ごとの文字一覧

かゆいところに手が届くフリーソフト

より分かりやすい記事を皆さんにお届けします!
特に難しいことはなく、たったワンクリックで収録文字数が分かるので、今後はこのフリーソフトをフル活用して、フリーフォントの紹介記事に収録文字数の情報も記載していきたいと思います。

ただし、異体字の表示などには対応していないこともあり、収録文字数が必ずしもぴったり合っているとは限らないので「約9000文字」のような表記にしていこうと思います。

もちろんフリーフォントだけでなく、PCに搭載されているフォントであればそれぞれ収録文字数を調べることができるので、気になる方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

今回紹介したフリーソフト

※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

この記事のサムネイルに使用したフリーフォント

ラノベPOP|ライトノベルにピッタリのPOPなデザインフォント ラノベPOP|ライトノベルにピッタリのPOPなデザインフォント
背景のフリーフォントベストテンFONT-FLOP DESIGN