写真をグリッチ風に加工できる無料PSDデザイン素材

写真をグリッチ風に加工できる無料PSDデザイン素材

カテゴリーPSDデザイン素材
配布サイトFree Glitch Effect PSD Photoshop Action Kit-Creativetacos
使用許諾 :商用利用可
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

ザザザ…ザザザ…

よくゲームなどで画像の乱れることありますよね。その現象「グリッチ」をデザインに取り入れるのが最近の流行りらしいです。

そこで今回はお気に入りの写真を簡単にグリッチ風に加工できるPhotoshopで使える無料のPSDデザイン素材を紹介します。

今回使用するのはPSDデザイン素材のため、難しい作業は一切いらず誰でも簡単にグリッチ風の写真を作ることができます。

Before→After

写真の中に電子機器があることによって、不思議とグリッチ感が倍増してる気がします。

使用許諾

商用利用可!
配布元の「Creativetacos」でダウンロードできるフリー素材は素材ごとに使用許諾が異なるため、配布ページにある「License」の記載を毎回確認する必要があります。

今回紹介するフリー素材の配布ページには個人利用も商用利用も可能との記載がありました。

配布サイトのライセンス画像

▲ 個人利用&商用利用可

禁止事項はファイルの転売、サブライセンス化、再配布の禁止(有料無料問わず)、ダウンロードリンクへ直接リンク貼ることになります。帰属表示は必須ではありませんが、余裕があればするようにしましょう。

配布サイトについて詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
豊富な種類の素材を揃える実用的なフリー素材配布サイト『Creativetacos』 Creativetacos|豊富な種類の素材を揃える実用的なフリー素材配布サイト

※記事作成時の使用許諾となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

PSDデザイン素材の使い方

それでは使い方を見ていきましょう。

STEP.1/3丨PSDデザイン素材をダウンロード

まずは配布サイトよりPSDデザイン素材を無料ダウンロードします。

配布サイトのスクリーンショット

▲ 赤い四角で囲った部分からダウンロードできる

STEP.2/3丨PSDファイルを開く

配布サイトからダウンロードしたZipフォルダを解凍し、フォルダの中にある「Free Glitch Photoshop PSD Actions」という名前のPSDファイルを開きます。

ファイルの画像

▲ PSDファイルを開く

PSDファイルを開くとこのような画面が出てきます。
Photoshopの画面

▲ PSDファイルの中身

そして次にレイヤーの中にある「Your Photo Here – Double Click & Paste」のサムネイルをダブルクリックし、スマートオブジェクトの編集画面に移動します。

Photoshopの画面

▲ レイヤー「Your Photo Here – Double Click & Paste」のサムネイルをダブルクリックすると…

Photoshopの画面

▲ この画面に移る

STEP.3/3丨写真をグリッチ風に変換し、完成

この画面でやることはお好みの写真を配置して保存を行うのみ。元の画面に戻るとグリッチ風が適用されています。

Photoshopの画面

▲ お好みの写真を配置し、保存して元の画面に戻ると…

Photoshopの画面

▲ グリッチ風が適用される

グリッチは暗めの写真に!

暗め写真の方がカッコいい
実際にグリッチ風を適用して分かりましたが、明るい写真よりも暗めの写真を使用した方が良い感じに仕上がります。
男性がパソコンを操作している画像

▲ 色彩が多く、明るめの写真よりも…

パソコンを操作している画像

▲ 全体的に暗めの写真の方がグリッチ効果を活かせる

レイヤーの中には「Adjustments」というレイヤーがあり、写真全体のコントラストや明度の調整を行うことができます。

Photoshopの画面

▲ コントラストや明度を調整できるレイヤー

そのため、明るめの写真の場合はこの「Adjustments」レイヤーで写真全体を暗めに調整して、よりグリッチを活かした写真を作りましょう。

今回使用したフリー素材

カテゴリーPSDデザイン素材
配布サイトFree Glitch Effect PSD Photoshop Action Kit-Creativetacos
使用許諾 :商用利用可
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

加工に使用したフリー素材

人物写真Unsplash