22種類の雲を表現できるPhotoshop無料ブラシセット

22種類の雲を表現できるPhotoshop無料ブラシセット

カテゴリーブラシセット
配布サイトCloud Brushes Photoshop-Photoshop Supply
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の使用許諾となりますので、最新の情報は配布サイト及びダウンロードファイルに同梱されている「LICENSE.txt」をご確認下さい

リアルな雲をブラシで表現!
今回紹介するのは、雲を表現できるPhotoshopブラシセット。

配布サイトには「20 Free Cloud Brushes」との記載がありましたが、実際には22種類の雲のブラシがありました。

それでは、早速詳細を見ていきましょう。

使用許諾

帰属表示が必須!
Photoshop Supplyのサイト画像

▲ Photoshop Supplyの使用許諾はこちらのページから確認できます

配布元である「Photoshop Supply」で配布されているフリー素材は個人利用も商用利用も可能とのこと。ただし、帰属表示が必須になりますのでフリー素材を使用した際はサイトへのリンクを貼るようにしましょう。

禁止事項はファイルの転売、サブライセンス化、再配布の禁止(有料無料問わず)になります。また当然のことながら、ダウンロードリンクに直接リンクを貼ることは禁止されていますので、帰属表示を行う際はトップページ等にリンクを貼るようにしましょう。

より詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
デザイン作業を効率化させるPhotoshopのフリー素材を配布しているサイト『Photoshop Supply』 Photoshop Supply|Photoshopの作業を効率化させるフリー素材が揃うサイト

※記事作成時の使用許諾となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

ブラシセットの使い方

STEP.1/2丨ブラシセットをダウンロードし、Photoshopにインポート

まずは配布サイトよりブラシセットを無料ダウンロードします。

配布サイトの画像

▲ 赤い四角で囲った部分からダウンロードできる

配布サイトからダウンロードしたZipフォルダを解凍し、ブラシセットが入っている「abrファイル」をダブルクリックしてPhotoshopにインポートします。

ファイルの画像

▲ 「abrファイル」をPhotoshopにインポートする

STEP.2/2丨レイヤーを作成し、ブラシを使用

あとはPhotoshopにインポートしたブラシを使用すれば、いくつでも雲を生み出すことができます。

使用する上でのポイントとしては1回のクリックだけでは雲の色が薄くなってしまうので、雲を生み出したい場所で3回クリックするのがオススメです。

Photoshopの画面

▲ 背景となるレイヤーを用意し…

▲ ブラシを同じ場所で3回クリックすると…

Photoshopの画面

▲ ちょうど良い濃さの雲が完成!

22種類のブラシ

場面に応じて使い分けできそう!
このブラシセットには合計で22種類のブラシがあります。中には似ている形もありますが、どれも微妙にデザインは異なります。
雲の画像

1〜6

雲の画像

7〜14

雲の画像

15〜22

今回は単色の背景にブラシを使用しましたが、写真に使用する場合などにも違和感なく使えそうですね。

気になった方は使ってみてはいかがでしょうか。

今回紹介したフリー素材

カテゴリーブラシセット
配布サイトCloud Brushes Photoshop-Photoshop Supply
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の使用許諾となりますので、最新の情報は配布サイト及びダウンロードファイルに同梱されている「LICENSE.txt」をご確認下さい