写真を簡単にポリゴンスタイル風加工できる無料Photoshopアクション

写真を簡単にポリゴンスタイル風加工できる無料Photoshopアクション

カテゴリーPhotoshopアクション
配布サイトLOW POLY FREE PHOTOSHOP ACTION-PsdDude
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

手作業で何個も三角形作らないといけないの!?
色々な大きさの三角形を組み合わせてできたデザイン、ポリゴンスタイル。しかし、作るのが大変。

IllustratorでもPhotoshopでも、まぁ大変。何が大変かって、手作業で三角形の大量生産をしなければいけないこと

写真をポリゴンスタイル風に加工するために参考にさせていただいたサイトの全てにおいて手作業で三角形を大量生産していたという事実。

今回はそんな大変な作業をPhotoshopアクションで自動化して、簡単にポリゴンスタイル風の写真を作っちゃいましょう。

Before→After

このPhotoshopアクションでは三角形だけではなく、様々な図形が自動で生成されるのが特徴です

女性の写真女性の写真
※画像の中心にある線はPC上ではクリックしながら、スマートフォン上ではタッチしながら左右に動かすとBefore→Afterの写真を見ることができます

使用許諾

帰属表示が必要!
配布元の「PsdDude」でダウンロードできるフリー素材は素材ごとに使用許諾が異なるため、配布ページにある「License」の記載を毎回確認する必要があります。

今回紹介するフリー素材の配布ページには個人利用も商用利用も可能との記載がありました。ただし、基本的には帰属表示は必須とのこと。

配布サイトのライセンス画像

▲ 個人利用&商用利用可

禁止事項はファイルの転売、サブライセンス化、再配布の禁止(有料無料問わず)、ダウンロードリンクへ直接リンク貼ることになります。

配布サイトについて詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
海外のフリー素材情報を網羅しているサイト『PsdDude』 PsdDude|オリジナル素材も配布しているフリー素材まとめサイト

※記事作成時の使用許諾となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

Photoshopアクションの使い方

https://twitter.com/TadaDesign/status/1261848194071195648?s=20

STEP.1/3丨Photoshopアクションをダウンロード

まずは配布サイトよりPhotoshopアクションを無料ダウンロードします。

配布サイトのスクリーンショット

▲ 赤い四角で囲った部分からダウンロードできる

配布サイトからダウンロードしたZipフォルダを解凍し、フォルダの中にある「atn(アクション)ファイル」をダブルクリックしてPhotoshopにインストールします。

ファイルの画像

▲フォルダに入っているatnファイルをPhotoshopにインストールする

STEP.2/3丨写真にPhotoshopアクションを適用

写真にアクションを適用していきます。

Photoshopの画面

▲ 写真を用意し、アクションを実行

アクションを実行するとポリゴンの大きさを設定する画面が出てきます。大きければ大きいほどポリゴン感があって良いと思いますよ。

Photoshopの画面

▲ ポリゴンの大きさを決める画面が出てくるので…

▲ 大きさを設定していく

設定後、【OK】を押すとアクションが再開します。

その際、「The command “Select” is not currently available.」というポップアップが出て、Photoshopアクションが途中で止まってしまう場合があります。

Photoshopの画面

▲ こういったエラーが出る場合があります

もしこのエラーが出たら、こちらの記事を参考にして下さい。
Photoshopアクションのエラー「The command “Select” is not currently available.」の対処法

STEP.3/3丨完成

無事にアクションが実行し終わるとポリゴンスタイル風の写真が完成します。

女性の写真

▲ ポリゴンスタイル風の写真が完成!

ここで作業を終了させても問題ないですが、アクション終了直後にこのようなポップアップが出てきます。

Photoshopの画面

▲ アクション終了直後のポップアップ

実はこのPhotoshopアクションには写真にポリゴンスタイルを適用させるだけでなく、ポリゴンスタイルを適用したくない部分の指定もすることができるのです。

女性の写真

▲ 顔だけポリゴンスタイルを適用させない…みたいなことも可能

やり方は非常に簡単。アクション適用後にレイヤーにマスクができているのでマスクがかかっている部分を選択し、白色のブラシでポリゴンスタイルを適用させない範囲を指定することができます。

▲ ポリゴンスタイルを適用させない範囲を指定できる

早さを求めるならアクションを!

クオリティを求めるなら手作業!
全体的にポリゴンスタイル風にできることはもちろん、あえてポリゴンスタイルを適用させない範囲を指定できるのが非常に優秀です。

また、Photoshopアクションの最大の特徴である「作業をほぼ自動で終わらすことができる長所」が今回の場合はかなり活かされていますね。

ただ今回使用したPhotoshopアクションはアクション適用後にポリゴンスタイルを細かく修正できるレイヤーが生成されないため、より高いクオリティでポリゴンスタイルを適用させる場合には手作業の方が良いかもしれません。

今回紹介したフリー素材

カテゴリーPhotoshopアクション
配布サイトLOW POLY FREE PHOTOSHOP ACTION-PsdDude
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

加工に使用したフリー素材

人物写真Unsplash