文字に草を生やすことができる無料Photoshopアクション

カテゴリーPhotoshopアクション
配布サイトGrass Text Photoshop Free Action-PSDDude
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

テキストを加工できるPhotoshopアクション?
今回紹介するのは、文字に草を生やすことができるPhotoshopアクション。

Photoshopアクションは主に写真を加工するイメージでしたが、今回のように文字を加工できるものもあるんですね…。知りませんでした…。

では、早速詳細を見ていきましょう。

Before→After

文字全体に草が生えていますね。細かい部分も見事に草です。

※画像の中心にある線はPC上ではクリックしながら、スマートフォン上ではタッチしながら左右に動かすとBefore→Afterの写真を見ることができます

使用許諾

商用利用可!
配布元の「PsdDude」でダウンロードできるフリー素材は素材ごとに使用許諾が異なるため、配布ページにある「License」の記載を毎回確認する必要があります。

今回紹介するフリー素材の配布ページには個人利用も商用利用も可能との記載がありました。また、基本的に帰属表示は必須とのこと。

配布サイトのライセンス画像

▲ 個人利用&商用利用可

禁止事項はファイルの転売、サブライセンス化、再配布の禁止(有料無料問わず)、ダウンロードリンクへ直接リンク貼ることになります。

配布サイトについて詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
海外のフリー素材情報を網羅しているサイト『PsdDude』 PsdDude|オリジナル素材も配布しているフリー素材まとめサイト

※記事作成時の使用許諾となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

Photoshopアクションの使い方

STEP.1/2丨Photoshopアクションをダウンロード

まずは配布サイトよりPhotoshopアクションを無料でダウンロード。

配布サイトの画像

▲ 赤い四角で囲った部分からダウンロードできる

配布サイトからダウンロードしたZipフォルダを解凍し、フォルダの中にあるファイルをそれぞれダブルクリックしてPhotoshopにインストールします。
ファイルの画像

▲ 「アクション(.atn)」、「パターン(.pat)」、「ブラシ(.abr)」それぞれのファイルをダブルクリックしてインストール

STEP.2/2丨文字にPhotoshopアクションを適用し、完成

それでは、テキストにPhotoshopアクションを適用していきます。まずは文字を入力。

Photoshopの画面

▲ お好みのフォントで文字を入力

そして、先程インストールしたPhotoshopアクションをテキストに適用させますが、途中でアクションが止まってしまいます。

Photoshopアクションの画像

▲ どちらかのアクションを適用すると…(今回は「GRASS EFFECT 1」を適用させてみました)

Photoshopの画面

▲ 途中でアクションが止まる

アクションをそのまま続けるか、一旦止めるかのポップアップウィンドウが表示されるので一旦止めます。

Photoshopのポップアップウィンドウ

▲ 【stop】を押す

ここでPhotoshopアクションの作業内容を見てみると、「Select brush “grass”」という作業で止まっていることが確認できます。

Photoshopアクションの画像

▲ 「Select brush “grass”」で作業が止まっている

これはPhotoshopアクション側で「Select brush “grass”」が自動で選択できなかったということなので、手動で先程インストールしたブラシ「grass」を選択します。

Photoshopのブラシウィンドウ

▲ ブラシを選択するウィンドウから「grass」を選択

あとはPhotoshopアクションを再開するだけですが、「Select brush “grass”」の1つ下にあるアクション「Set current brush」を選択してからアクションを再開しましょう。これをしないとポップアップウィンドウが再度表示されてしまい、いつまでもテキストに草が生えません。

Photoshopアクションの画像

▲ 1つ下にあるアクション「Set current brush」を選択してアクションを再開

アクションを再開するとようやく草が生えた文字が完成します。

Photoshopの画面

▲ 草が生えた文字が完成!

GRASS EFFECT 1の効果

「GRASS EFFECT 1」を適用させた後に生成されたレイヤーを見てみると、「background」という背景レイヤーがもう1つのテキストレイヤーを見えなくしていることが分かります。

そこで、「background」を下にズラしてみると、文字に大きな影が加わります。

「background」が影のレイヤーを見えなくしていた理由は謎ですが、レイヤーをズラすだけで手軽に立体感を増やすことができるのは便利ですね。

Photoshopのレイヤー画像

▲ 生成されたレイヤー「background」を下にズラすと…

Photoshopの画面

▲ 影が大きくなり、立体感が増した!

GRASS EFFECT 2の効果

先程実行したのは「GRASS EFFECT 1」ですが、このアクションはもう1つ「GRASS EFFECT 2」があるのでそちらも適用させてみました。しかし、なぜか同じ結果に…。

Photoshopアクションの画像

▲ 「GRASS EFFECT 2」を適用すると…

Photoshopの画面

▲ 「GRASS EFFECT 1」と同じ…?

そこで先程と同じように生成されたレイヤーの中にある「background」を下にズラすと、色の違う草が増えて立体感が増した文字が出てきました。

Photoshopのレイヤー画像

▲ 生成されたレイヤー「background」を下にズラすと…

Photoshopの画面

▲ 違う色の草で立体感を増した文字が出てきた!

細かい調整が可能!

いらない草は消しゴムツール草刈りをしよう!
この草パターンには合計で5種類入っています。

この5種類の草パターンは、アクション適用後に文字に掛かっている「Pattern Overlay」を調整することにより、文字に自由に付け替えることができます。

Photoshopのレイヤー画像

▲ 「Pattern Overlay」をクリックし、パターンを変更すると…

Photoshopの画面

▲ 文字全体の草が変更される

また、入力した文字によってはアクション適用後に草が生い茂り過ぎて文字が見にくくなってしまう場合があります。そんな時は消しゴムツールを使用していらない草を削除しましょう。

まずはアクション後に生成されたレイヤー「grass effect by psddude」のサムネイルをダブルクリックし、スマートオブジェクトの編集画面に移動。そして、レイヤー「grass border 1」を選択します。

Photoshopのレイヤー画像

▲ 赤い囲みの部分をダブルクリックし、レイヤー「grass border 1」を選択

あとは消しゴムツールで草が生い茂ってる部分を消していきます。元の画面と並べながらやるとやりやすいですよ。

▲ 消しゴムツールでいらない部分を刈り取っていき、保存をかける

いらない部分を消した後はきちんと保存を行い、元の画面に戻りましょう。

「草」のテキスト画像

Before→After

Photoshopアクションで加工する場合、自分の思い通りにいかないことが多々あります。しかし、このPhotoshopアクションは加工後の調整が簡単にできるので、初めてPhotoshopアクションを使う方も問題なく使えると思います。

途中で出てしまうエラーも気にならないほど優秀なPhotoshopアクションでした。気になる方は使ってみてはいかがでしょうか。

今回紹介したフリー素材

カテゴリーPhotoshopアクション
配布サイトGrass Text Photoshop Free Action-PSDDude
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

加工に使用したフリー素材

フリーフォント851テガキカクット-8:51:22 pmの云々
背景の風景写真Unsplash