写真を3Dアナグリフ風に加工できる無料Photoshopアクション

写真を3Dアナグリフ風に加工できる無料Photoshopアクション

カテゴリーPhotoshopアクション
配布サイト3D Effect Photoshop-PhotoshopSupply
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイト及び、ダウンロードファイルに同梱されている「license.txt」をご確認下さい

平面が立体的に見える特殊な加工…!
赤と青のフィルターを通して見ることにより、平面を立体的に感じることができる3Dアナグリフ加工。

今回はそんな3Dアナグリフ加工を一瞬で行うことができるPhotoshopアクションを紹介していきます。写真を赤と青に分ける単純な加工ですが、作業量以上にクールなデザインになります。

それでは、早速詳細を見ていきましょう。

Before→After

男性の写真
※画像の中心にある線はPC上ではクリックしながら、スマートフォン上ではタッチしながら左右に動かすとBefore→Afterの写真を見ることができます

使用許諾

帰属表示が必須!
Photoshop Supplyのサイト画像

▲ Photoshop Supplyの使用許諾はこちらのページから確認できます

配布元である「Photoshop Supply」で配布されているフリー素材は個人利用も商用利用も可能とのこと。ただし、帰属表示が必須になりますのでフリー素材を使用した際はサイトへのリンクを貼るようにしましょう。

禁止事項はファイルの転売、サブライセンス化、再配布の禁止(有料無料問わず)になります。また当然のことながら、ダウンロードリンクに直接リンクを貼ることは禁止されていますので、帰属表示を行う際はトップページ等にリンクを貼るようにしましょう。

より詳しい情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
デザイン作業を効率化させるPhotoshopのフリー素材を配布しているサイト『Photoshop Supply』 Photoshop Supply|Photoshopの作業を効率化させるフリー素材が揃うサイト

※記事作成時の使用許諾となりますので、最新の情報は配布サイトをご確認下さい

Photoshopアクションの使い方

STEP.1/2丨Photoshopアクションをダウンロード

まずは配布サイトよりPhotoshopアクションを無料でダウンロード。

配布サイトの画像

▲ 赤い囲みの部分からダウンロードできる

配布サイトからダウンロードしたZipフォルダを解凍し、フォルダの中にあるファイルをそれぞれダブルクリックしてPhotoshopにインストールします。

STEP.2/2丨写真にPhotoshopアクションを適用し、完成

Photoshopアクションをインストールできたら、まずはPhotoshopで効果を適用させる写真を開きます。

Photoshopの画面

▲ 効果を適用させる写真を開く

そして、先程インストールしたアクションを実行すると、3Dアナグリフ風の写真が完成するはずなんですが…何かおかしいですね…。

Photoshopの画面

▲ アクションが無事に終了したポップアップも出ているが…

アクションを適用させた写真を見てみると、全然3D感がないことがわかります。
男性の写真

▲ アクションを適用したのに3D感がない

解決方法:レイヤーをズラす

これで完成!
より3D感を出すためにはレイヤーを動かす必要があります。やり方はレイヤーを移動ツールで動かすだけでできちゃいます。
Photoshopのレイヤー画像

▲ レイヤーを選択して…

▲ 移動ツールで動かすと、より3D感を出すことができる

移動ツールで動かす幅を調整することによって、自分好みに仕上げることができます。

Photoshopの画面

▲ 移動する幅を自分で調整して完成!

かなり簡単に3Dアナグリフ風の加工ができるので、気になる方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

今回紹介したフリー素材

カテゴリーPhotoshopアクション
配布サイト3D Effect Photoshop-PhotoshopSupply
使用許諾 :商用利用可(帰属表示必須)
※記事作成時の情報となりますので、最新の情報は配布サイト及び、ダウンロードファイルに同梱されている「license.txt」をご確認下さい

加工に使用したフリー素材

人物写真Unsplash